滋賀で注文住宅、新築一戸建ては、
滋賀県近江八幡市の工務店「カステルホーム」へ

ページ上

ラインアップ | 構造

構造

  • ベタ基礎工法

    150mm厚 鉄筋コンクリートベタ基礎採用。
    配筋ピッチは150mm。
    建物の荷重をコンクリート全面で支え、耐震性・耐久性に優れます。

  • 剛床工法

  • 基礎パッキン工法

    パッキンの隙間から床下の換気が行われ、従来工法の1.5倍~2倍の換気性能を発揮します。また、土台が基礎コンクリートと接触していないため土台の耐久性も上がり、結露やカビが発生しにくく、快適な室内環境を実現できます。

  • 無垢の柱

    国産材は、高温多湿の日本の風土に合った材料です。国産材である杉や檜(ヒノキ)が、輸入構造材等に比べ木材腐巧菌や白蟻に対して耐腐・耐蟻性能を持っていることは、色々な機関で科学的に証明されています。国内材を使うことにより防腐剤 や防蟻剤を使うことなく、お子様も安心して暮らせる住まいが作れます。

プレカット工法

信頼性
[寸法信頼性]

 徹底した水分管理をしているため、施工後の寸法変化が小さく、冷暖房設備の部屋にも最適です。

[品質信頼性]

 十分な製造管理を行っておりますので、安定した品質の製品をご提供できます。

経済性

・工場で機械による仕口加工を施しているため経済的です。
・現場作業では、スムーズに組立作業ができるため、工期の短縮が可能になります。

標準仕様

ページ下
ニュース